二輪車リサイクルやグッドライダー・防犯登録など二輪車お役立ち情報満載です!
救援バイク V・Sやまなし「2006年秋の走行訓練」
救援バイク V・Sやまなし「2006年秋の走行訓練」 

救援バイク V・S(ボランティア・サービス)やまなし」は、2006年11月12日(日)に「秋の走行訓練」を行いました。今回は、無線赤十字奉仕団との共同で、日赤山梨県支部より無線機を搭載した二輪車で県内各地に飛び、無線の到達状況の確認とその運用に対する訓練となりました。

1)共同訓練の概要と目的地地図
2)訓練終了 ~今回の反省点など
3)各種リンク


(1)共同訓練の概要と目的地図
救援バイクV・Sやまなし&無線赤十字奉仕団 06年走行訓練概要図

午前9時、日本赤十字社山梨県支部に続々とメンバーが集まってきました。今回は過去8回の走行訓練の経験を踏まえ、より実践的な訓練として無線赤十字奉仕団の方々と共同での訓練を行います。
 今回の訓練は、全員を4班に分けて行き先を書いた封筒を任意に配布し、目的地が定まったところでスタートします。
それぞれのメンバーや班が安全で正確な運行を心がけながら目的地に向かって出発していきます。途中、災害時を想定した路面状況等を本部に無線で報告し、併せて無線機の電波状況も把握します。
本部では、各班が目的地に向かっている最中に、災害時を想定した路面状況等の報告を無線で受信し、指示を発します。併せて無線機の電波状況も把握します。
記号
区別
目的地/名称 場所
A
本部
日本赤十字社山梨県支部 甲府市池田
B
1班
大月市立中央病院 大月市大月町
C
2班
北杜市立塩川病院 北杜市須玉町
D
2班
北杜市立甲陽病院 北杜市長坂町
E
3班
市川三郷町立病院 市川三郷町市川大門
F
4班
加納岩総合病院 山梨市上神内川

◎左上の矢印ボタン(←→↑↓)をクリックすると移動します
◎左上のスライダを上下すると、地図が拡大・縮小します。
◎地図右上の「航空写真」を押すと航空写真が、「地図+写真」を
クリックすると航空写真に地図が重ねて表示されます
 
訓練終了 今回の反省点など
今回の訓練を通して、さまざまな反省点が浮かび上がりました。

救援バイク VSやまなし 川上さんより(総評の中で)
1)
無線のスイッチが入りっぱなしだったので、定期的に本部と連絡を行なう
2)
ひとつの班に、無線機が2台は必要
3)
大月・北杜など電波が悪いところは無線奉仕団の方々に協力をしてもらい連携を密に行いたい。できれば全団員が無線機を所有してもらいたい
各班より
1班
大月病院に行ったが、途中山間地に入ったら電波が届かなかった。
2班
一人しか無線を装備していなかったので、受信はできたが送信することができず話がつながらなかった。
3班
本部との連絡が複数回に及んだ。お互いもう少しやり方を考えたほうが良いと思った。
4班
途中ではぐれてしまったので、みんなで一団となって行動するようにしたい。
総合
中継地点にバイク隊を置いたほうが、連絡がつきやすいのではないか
総合
大月・韮崎方面は無線がつながらないので、無線奉仕団の方々にもう少し協力をお願いしたい。
日本赤十字社山梨県支部より
次回は、日赤にある無線を使用してどのくらい電波が届くか訓練を行なってもらいたい。

また、各団体を代表しての総評がありました。

救援バイク VSやまなし 上杉委員長
風の中走行訓練に参加していただきありがとうございました。
過去8回走行訓練を行なってきましたが、今回は実践を想定しての訓練として無線奉仕団の方々の協力をいただきました。朝9時に日赤に来てからそれぞれの行き先を知らせ、無線で連絡を取りながら訓練を行ないました。
今回の反省点を次の走行訓練に活かしてもらいたいと思います。
一人一人の力が救援バイク隊の力になると思。今後も協力をよろしくお願いいたします。
本日は、ご苦労様でした。
無線奉仕団 石原さん
初めて合同で訓練を行い無事に終わって良かったと思います。
今までも、「一緒に訓練を行なう」という話は出ていましたが、なかなか実現に至りませんでした。今回、バイク奉仕団との合同訓練を行なってみて、無線奉仕団が役に立てることがあるのがわかりました。今後、どういった協力をすることができるかを考えていきたいと考えています。
今後はより「VSバイクやまなし」と連携を深めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
日本赤十字社山梨県支部 田村さん
日赤の奉仕団は6団体あり、今回は無線奉仕団とVSバイクやまなしの2団体で合同の走行訓練を行なってもらいました。
実際、災害が起きた場合に無線奉仕団とバイク奉仕団が情報を共有しながら一緒になって活動してもらうことがあると思います。今日できなかったことを次回の訓練に活かしてもらいたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
 
訓練終了 今回の反省点など

「救援バイク V・Sやまなし」紹介ページ
前回の「走行訓練」レポート

日本赤十字社
日本赤十字社山梨支部

 
 
 

Copyright(C)2004 Yamanashiken Kei Jidousha Kyokai. All rights reserved.